CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< #07 S.I様 リング(蛇柄) | main | #06 K.M夫妻 ウェディングリング >>
#05 H.O様 ペンダントトップ
 ペンダントトップ #01 




 この品は、H.O様より 友達の誕生日のプレゼントに 
と言う依頼での品です。
 H.O様は、私が彫金を始める前から 私の作るアクセを
愛用していて下さってた方で、彫金の技術が身についたら
いつか作らせて下さいと言っていたんですけれども…
待ちきれなくなったみたいです。
 
 それで、これ位なら作れるでしょう?っと言う事で
提出して頂いたデザイン画がこちら



 とても、簡略されたデザインです。でも、多分 これは
H.O様が本当に望むデザインではないのではないか…っと
思い、私も自分が作りたいと思えるデザインの方が良かった
から、こちらでアレンジを加えさせて頂きました。
それが こちら



 このデザインでOKと言う事で、製作に入りました。
製作の次の段階は、こちら


 こうやって、塊から切り出していって…段々と整形していき
デザインした形へと、、、


ワックス状態 正面


ワックス状態 上からの図


ワックス状態 下からの図


ワックス状態 側面図

 これを、鋳造(キャスト)に出して… 金属に置き換わると
こう言う感じになる。 キャストし立てで、ユミチも切ってないです。


キャスト直後 正面図


キャスト直後 上からの図


キャスト直後 下からの図


キャスト直後 側面図

 ここから、磨き上げていって、究極 鏡面仕上げにすると…


鏡面仕上げ 正面図


鏡面仕上げ 上からの図


鏡面仕上げ 下からの図


鏡面仕上げ 側面図

 本来の予定では、ここから センターの小さいクロス部分にのみ
梨地加工をして、石留めする予定でしたが。フッと構想が湧いて…
全体、それぞれのラインにも 梨地をかけて様と思い立つ。
ただ、タガネを使う事を一応習っているのに活かさないのは
もったいないと思って、やってみたくなったと言うのが理由。
 こうやって、勝手に 構想を変えれるのも、自分でデザイン
しているから。自前で、デザインって楽しい♪っと 改めて
実感した。でもやってみないと、どうなるのかっと言うのは
不安でした。けどやってしまえぇ〜っとやってみたのが、
こちら


梨地加工 正面図


梨地加工 上からの図


梨地加工 下からの図


梨地加工 側面図


 っと、梨地加工は正解だったのか??? と 少し疑問になったけど
恐らく、梨地が無かったら もっとしまりがない感じになっていたかと?
どうでしょう?まっやっちゃったのは仕方ない!?w
 ただ、梨地をかける技術が無いのも認めますけれども…梨地と鏡面の
境界線がはっきり出来ないのが残念でした。

 この事により、梨地をかける時には かける範囲を決めて
段差を設ける等してからかけると、境界線がはっきりして
かっこいいとわかった。 境界線がはっきりしないとしないで
ぼんやりしたニュアンスを醸し出してくれるから それはそれで
やさしい感じに上がると言う事もわかった。けど、それはどちら
かと言うと、女性向きなデザインの時の方が良い様です。この品は
男性用の品なので、境界線は はっきり☆させた方が良いと
思いました。



 こうして、私の完全オリジナル第1号の作品が商品をして
生み出された事になります。

 H.O様、どうもありがとうございました。





|   ペンダントトップ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.dear-s.net/trackback/886678
トラックバック